無農薬玄米処・コメショップはなふさ

お米選び、炊飯器選び

世の中には沢山の種類のお米がありますが、何を基準で選ぶのかよく分からないと思います

価格で選ぶのか、味で選ぶのか、安心・安全で選ぶのか

当店サイトでのお米選びになりますが、参考になれば幸いです

<味で選ぶ場合>

この場合は、価格が高い方が美味しいだろうとか、有名品種、有名産地が美味しいだとうとか言う先入観は捨てるべきです

当サイトなら、減農薬米が味重視となります、最終的には消費者の好みもあります、大変難しい選択となります

減農薬、生産者限定米はこちらから

店主の好みでは、

石橋さんのコシヒカリ

宮垣さんのコシヒカリ

おきたま興農舎の「つや姫」等が、店主ベストスリーです

一般の米流通では、美味しいお米を売り続けるなんて、不可能なことです、当店では店主が気に入った玄米だけを取り扱うことを、30年近く追及して今の形にして販売をしております、ですので、産地、品種、価格だけで、お米選びには、何の決め手にもなりません

<安心・安全で選ぶ場合>

農薬を使わずに栽培されたお米を選ぶべきではありますが、農薬不使用だけでは、味は美味しくなりません

減農薬タイプより同等もしくは、劣る場合の方が多いです、しかし玄米まるごと食べる場合は、こちらを選ぶ場合が多いです

無農薬米で選ぶにはこちらから

玄米食は、炊飯方法が決めてです

初心者は、杉江さんのミルキークイーン西垣さんの夢ごこちがお勧め

ベテランの方は、コシヒカリがお勧め

寝かし玄米(酵素玄米)には、「朝日」がお勧め

年間予約量がありますので、販売出来る量が決まっており、年により早く売り切れる場合が多いです

無農薬栽培米は、除草剤すら使わない為、田んぼに沢山の草が生え、取り除いても取り切れるものではありません、そうして育った稲は、慣行栽培に比べ収量が半分程度しか収穫がなく、価格は2倍でも利益があるものではありませんと、農家さん達は言います、その辺のご理解をお願いします

<価格重視で選ぶ場合>

価格重視なら、当店以外で探すのが賢明です、流通費等を考えると通販向きではありません、自宅近くの農産物が賢明かと思います

しいて言えば、お買い得コーナーで見つけて下さい

おまけ<胚芽精米>

「胚芽精米」を選ぶ場合は、玄米から少しづつ削ってなるべく胚芽を残す精米をしますが、どうしても胚芽が残りにくい物

また、非常に綺麗に胚芽が残る物があります、その年により違ってきます、コシヒカリは胚芽が残りにくい

令和元年産では、つや姫、ミルキークイーン、ヒノヒカリ等が、綺麗な胚芽精米に仕上がる傾向です(これは毎年違ってきます)

コシヒカリだと、石橋さんのコシヒカリ、杉江さんのコシヒカリが、胚芽が残りやすいです(元年産)

<炊き方の基本、炊飯器選び>

白米、分搗き精米の場合です

高級炊飯器だから、美味しくたけるなんてのは、錯覚です

(お米を洗って、しっかりと水に浸けて、いっきに炊き上げる、たったそれだけです)が

炊飯器では、そうなりません、お米を洗って直ぐでも炊けます

これは、炊飯器が吸水時間をつかっているため、15分吸水+炊飯25分+蒸らし10分=炊き上げまで50分~とかになってます

それを、洗米後、吸水時間は夏場60分、冬場120分にして、早炊きモードで炊いてみて下さい

たったこれだけで、ふっくらと炊き上がります、お試しあれ

我が家の炊飯器は、P社のものですが、「銀シャリモード<エコ炊飯<早炊き」というふうに、イメージの逆の美味しさとなります

また、T社の炊飯器でも、本釜炊きモードで炊くと、ベチャベチャでゼンゼン美味しくなく、エコモードの方が美味しく炊けました

こんなことがありますので、炊飯器の炊飯モードをイロイロ試してみて下さい、新たな発見があるかも?!

と言うことで、炊飯器はベーシックな物で良いと思います

圧力炊飯器は、どんなお米を炊いても、粘り過ぎになるため、お米本来の味が出ません

理想を言えば、直火で炊ける炊飯釜が良いと思いますが、手間が掛かるため

ベーシックな炊飯器と、炊飯釜を使い分ける方法が、ベストだと考えております


更に、玄米食なのか、分搗き米、白米食なのか選択もあり

詳しくは、こちらをご覧下さい(他店と比較されても同じはありません)