無農薬玄米処・コメショップはなふさ

28年産・無農薬・山崎農園さんの「朝日」玄米

岡山県倉敷市、山崎農園さんの無農薬「朝日」玄米

resize0462

有機認定済み(農薬不使用・化学肥料不使用)、朝日は、明治時代に作られていた稲で

現在のコシヒカリ、ササニシキの3世代前の品種です

mapmap2

現在では、岡山県だけに残っている超希少品種なのです、香りと旨みが強く、コシヒカリに受け継がれているのではないでしょうか?

艶、粘りに関しては、コシヒカリのような強さはありませんが、炊きたての旨さは、格別かと思います

<当店に、小分け有機認定がありませんので、米袋に有機米認証マークは付きません>

asahi28

28年産も、無事に1等米となりました

img_20161121_103350

28年産は、青米がやや多めとなりました、時間とともに青米は熟成して茶色へ変わって行くと思います

gen-sikisen

28年産・山崎農園さんの無農薬玄米(2016.11.21販売開始)

(農薬不使用、化学肥料不使用で栽培されております、ご不明な点はお問い合わせ下さい)

有機認定の朝日は、超レアな玄米です

「朝日」5kg 3700円(税込み)を注文する

先に玄米の状態を選び
(玄米のまま、白米にする、胚芽精米、7分搗き、5分搗き、3分搗き)、数量を選んでカゴに入れるボタンをクリックして下さい

 


岡山県倉敷市の位置

kurasiki-tizu

有機認定証ファイル

img_20161121_112403

山崎農園さんのHPより抜粋

岡山県では、全国にさきがけて有機無農薬に取り組み、国の有機JAS規格よりもさらに厳しい基準による「おかやま有機無農薬農産物」を独自に認定。
本当に安心して味わえる、健康的でおいしい農産物をお届けしています。

「おかやま有機無農薬農産物」は、農薬や化学肥料を一切使わず、自然本来の力と生産者のこだわりで育てた、健康で安全な農産物。 赤いブランド・マークは、信頼できる農産物の目印です。

有機無農薬産物の認定を受けるには、生産者は2年以上前から有機無農薬による土づくりを行うことが必要。
その作業記録など多くの書類を登録認定機関へ提出し、厳正な書類・現地検査に合格したものだけが認定されます。

認定を受けた後も、生産者は日々の栽培・出荷の記録を提出することが義務づけられ、登録認定機関による現地検査も毎年実施。
不正に対する罰則もあるなど、厳格なシステムで安全な農産物を育てています。

okayama

消費者の皆さんの健康志向・本物志向に答えるかたちで、岡山の有機農栽培は、ますます広がっています。
制度が始まった平成13年から、わずか5年で清算集団・生産量は、約1.5倍に。消費者の方のリピーターも多く、取扱店も県内外に広がっています。