無農薬玄米処・コメショップはなふさ

28年産・無農薬・おきたま興農舎「つや姫」玄米

山形県置賜郡高畠町、おきたま興農舎

thumb-486x324-602

おきたま興農舎の「つや姫」・無農薬玄米、特別栽培米

(28年産は、農薬不使用、化学肥料不使用となります)

コシヒカリを越える美味しいお米として生まれた、山形県産のお米

無農薬栽培の「つや姫」、山形県では、全て特別栽培で県が認定した生産者が作り、県の出荷基準を満たしたものだけが「つや姫」と名乗ることが出来ます。

その独自基準(山形県)は、食味値80以上・タンパク質含有率6.5%以下・整粒歩合80%以上・等級1等

そんな、「つや姫」の農薬不使用・化学肥料不使用の玄米は、超希少です

コシヒカリより、柔らかで上品な食感です、胚芽精米や白米にして食べるなら超お勧めです

やっと、コシヒカリを脅かすような品種が出てきました

玄米の米粒は、新品種らしく、きれいに揃った品種です

27年産、古米になってしまったので、割引販売中です

おきたま興農舎、無農薬「つや姫」玄米5kg 3500円(税込み)を注文する28年産入荷販売中、2016.10.18

先に玄米の状態を選び (玄米のまま、白米にする、胚芽精米、7分搗き、5分搗き、3分搗き)、 数量を選んでカゴに入れるボタンをクリックして下さい

 


おきたま興農舎の皆さん

thumb-486x324-602

photo1

おきたま興農舎のHPより抜粋

北緯三八度線を挟んで、南に吾妻連邦、西に飯豊、朝日の連山、東は奥羽の山々に囲まれた山形県南部に位置する置賜地方は、遠く弥生の時代より農耕の歴史を
刻んできた我国有数の純農村地帯である。日本一の多収技術を誇る稲作、西洋梨、サクランボをはじめとし、山梨県勝沼地方に匹敵する葡萄団地、中央市場最高
値を保持するりんご等、昼暑く夜涼しい盆地特有の気象条件と長年培われた豊かな土壌、勤勉な農家の技術とが相まって生鮮野菜を含む農産物の宝庫となってい
る。

一九七〇年代にはいり顕在化した水俣病を始めとする環境汚染や、食の安全性に対する意識の高まりは、農民の意識変革に多大な影響を与え、各地に食の安全
を追及し、なおかつ資本の収奪に対峠する幾多の農民グループの結成をみたのであった。それらグループの活動と経験は、消費者組織の拡大、基盤強化の一助と
なり、また産直農家の経営を確かに安定化せしめたに違いない。

しかし、私達の狙いは経済的安定と消費者が満足する農産物の供給の役割を果たすことのみであったのであろうか、答えはノーである。生命を危険にさらす農
薬肥料の開発は後をたたず、多くの農家は買ってモラエル程度の生産に満足し、消費者もまたその構造の中に安住して来たのである。安全でも美味でなければ意
味がない。産直農家だけが生き残り、周囲の農家が壊滅したのでは、これまた農業のそのものが成り立たない。この国の農の存亡をかけた戦いに、悲愴な決意な
ど持ちはしないけれどまずは参戦する次第である。

つや姫、ご先祖様達の系統図(コシヒカリのひ孫に当たります)

no190_fukeizu-thumb-468x237-614

山形県置賜郡高畠町の位置

takahata-mati-thumb-468x468-621