無農薬玄米処・コメショップはなふさ

無農薬・コウノトリの玄米(29年産)

豊岡エコファーマーズのメンバー

kounotori

コウノトリの米、「コウノトリを育む農法」実施中!
兵庫県豊岡市はコウノトリの里として有名です

平成18年秋には、コウノトリが合計16羽、野生回帰しました
コウノトリが、住みやすい環境を守る役目を果たしております、
兵庫県但馬豊岡市で稲作専業農家のグループです

こだわり、その1

コウノトリの野生復帰・共生のために、無農薬で栽培したお米です

コウノトリの餌場を確保するため、冬季湛水してドジョウやフナが田んぼに居ます

(稲刈り後も水田に水をはる状態)なども行っています

こだわり、その2

除草は、くズ大豆入りの米ぬかペレットによる稲作りです

米ぬかが分解するときに出来る有機酸は田の表層面にトロトロ層

というものを作ります。

そうすると、草の種が泥の中に埋め込まれて草がはえにくくなるのです

2006.8.27、NHKスペシャル「コウノトリがよみがえる里」

で放送されました豊岡エコファーマー、生産者の根岸さんです

negisi20141

「豊岡エコファーマーズのお米です」ライスグレーダー1.95mmと米粒が揃った玄米です

gen-sikisen

(農薬不使用、化学肥料不使用で栽培されております、ご不明な点はお問い合わせ下さい)

29年産米、コウノトリの農薬不使用玄米 5kg 3500円 入荷しました(2017/10/12)の午後


玄米5kgを注文する

玄米5kg単位のご注文となります、先に玄米の状態を選び
(玄米のまま、白米にする、胚芽精米、7分搗き、5分搗き、3分搗き、その他)

数量を選んでカゴに入れるボタンをクリックして下さい


29年産米の米粒画像です、2017/10/12撮影

兵庫豊岡コウノトリのお米、こんにちは豊岡エコファーマーズです

私たち豊岡エコファーマーズは平成15年に兵庫県知事からエコファーマーに認定された新しいグループです。

以前から個々に「美味しくて安全なコメ作り」にこだわり、有機質肥料を使用したり、

消費者からの要望にこたえて農薬を削減したり・・・と色々な試みをしてきました。結成して3年が経ちました。私たちの街兵庫県豊岡市には世界に2000羽弱しかいない特別天然記念物コウノトリが 100数羽います。

実はこのコウノトリは、昭和46年に当地豊岡で保護された最後の1羽が息を引きとったと同時に日本に存在する野生種は絶滅しました。

それ以前からの保護活動を加えると40数年、我々の地では極東地域から野生のコウノトリを借り受け繁殖飼育の努力を続け、

この地の空に再びコウノトリが舞う日を追い求めて野生復帰の努力が続けられて参りました。

このコウノトリが死に絶えたのは実は高度成長期に食糧増産、生産効率向上のために多用された農薬が原因でした。

コウノトリは鳥類の中で最大の鳥であるため食物連鎖の頂点にいます。

当時の毒性の高い農薬はコウノトリの体のみならず、子孫を残す卵にも影響を及ぼしていました。

人間の身代わりとして絶えたコウノトリを再び空に帰そうと約束をかわしてから何年がたったのでしょう。

この平成17年9月24日試験的に5羽のコウノトリが我々の空に放たれます

コウノトリと共生するたんぼでまごころこめて育てたお米です。この「コウノトリのお米」と共に皆様に健康と幸せをお届けします

兵庫県豊岡市の位置はこちら

toyokasi-thumb-500x500-561

農林水産省新ガイドラインによる表示
特別栽培米 コウノトリのお米 (無農薬コシヒカリ)
農 薬 栽培期間中不使用
化学肥料(窒素成分) 栽培期間中不使用
栽培責任者 コウノトリを育むお米生産部会 会長
所在地 兵庫県豊岡市八社宮490
連絡先 0796-24-364△
確認責任者 たじま農業協同組合 営農生産部 営農課
所在地 兵庫県養父市八鹿町朝倉1141
連絡先 079-662-414△